長年連れ添ったシミとサヨナラ【若さ全開肌を目指す】

顔の手入れ

透明感のある肌を

整形

シミと言っても様々な症状があり自分でシミと思っていてもソバカスだったり、肝斑だったりとすることもあり自己判断で間違った手入れをして、後悔することのないように専門医に相談してみてください。シミの種類によって治療法も異なり紫外線でできるシミの老人性色素斑は、日光にあたる部分にできやすく、シミで悩んでいる方の約6割がこの症状です。治療法は、レーザー治療か光治療であるライムライトにより可能です。シミにレーザー照射を行なうと、かさぶたができます。これは、レーザーとメラニン色素が反応するためです。通常であれば、1.2週間でかさぶたははがれ、1ヶ月で治癒します。そばかすは、幼少期からでるシミの一種です。そばかすの多くは、頬や目の下の部分にできます。思春期がそばかすの数が最も多くなるタイミングです。しかし、思春期が過ぎると、徐々に薄れていく傾向にあります。レーザーによる治療が最も効果的で数分の治療で終了します。30代に入ると、段々と増えてくるシミ、それが肝斑です。肝斑は鼻の下や両頬などにできます。肝斑の特徴としては、地図のような形をしている点、後天的に発生するシミである点があげられます。40代以降の女性では潜んでいるのも含めると、50パーセント近い女性に見られる症状です。はっきりした原因は不明ですが、紫外線や女性ホルモンが関係していると言われています。肝斑の治療法では、内服薬を中心とした薬物治療を行いますが、レーザー治療や光治療で早期に改善させることも可能です。レーザー治療のメリットは正常な肌の細胞を傷つけることなく、シミなどの異常な細胞を瞬時に除去することができることです。そしてレーザー治療は痛みが少なく、安全で症状にあったものを選ぶことが大事です。シミ治療にはメラニン色素に作用するレーザーが有効で、シミの6割にあたる老人性色素斑はレーザーを1回から数回照射することで治癒します。QスイッチYAGレーザー搭載のマシンは2つの波長を持ち幅広い治療が可能です。

ライムライトは、シミ、そばかす、小じわなどを同時に改善するため日本人の肌に合わせて開発されたマシンです。日本人医師が、日本人の肌のための開発したため日本人に多い薄いシミやそばかすに高い効果を発揮します。幅の広い波長の光を顔全体に照射して、シミ、そばかすなどの肌のトラブルや小じわや毛穴の開きなどの質感のトラブルを同時に改善しハリのある若々しい肌へと向上します。治療の痛みもほとんどなく、施術の後にメイクもすぐに可能であり真皮層のコラーゲンを作り出す効能もあります。従来の光治療機やレーザーは欧米製が多く白人向けだったので黄色人種である日本人に効果が出にくかったのです。ライムライトは、日本人の肌質や肌色に焦点を合わせて開発されているので、あまりダメージを与えることなく軽い負担で効果をあげることができます。ライムライトによる光治療は、幅広い波長の光を顔全体に照射して、シミ、そばかす、くすみなどの顔全体の治療が可能でありハリの衰え、小じわ、毛穴の開きなどの症状も同時に改善することができます。ライムライトなどの光治療機は、医療機関でのみ使用が許可されているので、エステなどで使用される光治療機ではパワーがあまりなく効果が弱いと言えます。またシミはその人によって症状が異なるため設定や強さ、照射数もそれぞれに応じて合わせる必要もあります。安全性も最大限に配慮する必要があり、肝斑では状態をみて必要な判断ができる医師のもとで治療を受けないと悪化することもあるので注意しないといけないです。